任意整理中の借り入れ、住宅や車のローンはできるの?

任意整理中は、どんなデメリットがあるの?借り入れできる?家のローンは?カーローンは?持っているクレジットカードは使える?ブラックリストに載るとどうなる?携帯電話は?ETCカードは?官報にのる?全ての疑問に答ます。今すぐ行動しましょう!

任意整理中の借り入れ、住宅や車のローンはできるの? > 任意整理中の借入れ・ローン・クレジットカードは?

任意整理中は、どんなデメリットがあるの?借り入れできる?家のローンは?カーローンは?持っているクレジットカードは使える?ブラックリストに載るとどうなる?携帯電話は?ETCカードは?官報にのる?全ての疑問に答ます。今すぐ行動しましょう!

任意整理する?しない?デメリットと生活への影響


任意整理するべきか?しないべきか?

これは借金の総額や借入先の数によって、変わってくるので、法律のプロでないとあなたの借金を解決させる方法は分かりません。
ただ年間300万人~500万人の債務整理の大半が任意整理であるということは、それだけ多くの方が任意整理で、借金地獄から抜け出せているという事実でもあります。

しかし、任意整理も債権者からすると金融事故なので、任意整理した側にもそれなりのペナルティがあります。この点も踏まえ、任意整理をした場合のデメリットや制約、その後の生活や人生への影響について、お伝えいたします。



このサイトでは、任意整理をする前に私が知りたかった

「ブラックリストに載るのか?」
「持っているクレジットカードが使えるのか?」
「新規で借り入れはできるの?」
「本当に取り立てや督促は止まるのか?」
「家や車のローンはどうなる?」
「新規でローンは組めるの?」
「全部でいくらくらいお金がかかるのか?」
「家族や会社にバレない方法はある?」
「たくさんある弁護士から、どこを選べばいいの?」


という疑問点について、一つずつお伝えしたいと思います。


まず任意整理とは何でしょうか?

任意整理とは債務整理の1種で、裁判所を通さずに弁護士があなたの代理人となって、債権者(貸金業者)と交渉し、利息を免除してもらって元金だけを3年から5年かけて返済していくという方法で、3つの大きなメリットがあります。


≪取立て・督促が止まる≫

あなたが弁護士に任意整理を依頼すると、弁護士は貸金業者に対し受任通知を送ります。すると貸金業法21条によって取り立てや督促が止まります。
※個人で任意整理の申し立てをしても督促・取り立ては止まりません。


≪家族や会社にバレにくい≫

裁判所を通さず、官報にも載らないため、家族や会社やご近所にバレにくい。


≪整理する借金を選べる≫

複数の借入先のうち、整理する借金と、そのまま返済を続ける借金を自分で選べます。
家と車のローンだけ残したり、連帯保証人がついている借金を残すことが可能です。



任意整理の注意点として「利息だけが免除され、元金は減らない」点が挙げられます。安定した収入がないと、任意整理に応じてもらえなくなります。



借金を本気で解決しようと思ったときに、一番のネックは時間です。ここで手間取って良いことは全くありません。

多重債務とは、時間の経過とともに借金が増えていく状態です。また、借入れが長い場合や、借金を完済している人にとっては仮払金請求の期限という問題もあります。あまり知られていませんが、全国で毎週中小の貸金業者が倒産しています。



借金を解決するための行動には、お金がかかりません。毎月数百件もの債務整理を手掛けている弁護士に、無料で相談するだけで良いのです。

できれば文章は最後まで読んでいただきたいのですが、今すぐ無料相談・もしくは匿名での無料相談がしたい場合は、こちらをどうぞ。

 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
 

任意整理に強く、無料で相談できる法律事務所

手持ちが81円の私が債務整理を依頼したのがサンク総合法律事務所さんです。今、お金がなくても初期費用0円で、費用の分割もOK。債務整理を依頼すれば、借金の督促や取り立ても即STOP!家族や会社に内緒で借金を減らせます。もちろん相談無料!

東京の法律事務所ですが毎月全国の多重債務者を数百人以上救っているので、地方在住の方も、現在のお住まいで普通に仕事したり生活しながら東京に行かなくても全てお任せで債務整理できます。

 
【全国24時間対応】サンク総合法律事務所

任意整理中の借入れとブラックリストとは?


誰もが恐れる「ブラックリスト」。そもそもブラックリストとは何でしょう。ブラックリストとは消費者金融・キャッシング会社・カードローン会社などが、延滞や金融事故を起こした顧客情報を共有するための信用情報機関です。



金融事故とは「支払予定日より3か月間支払いが遅れた場合や債務整理」を指し、これらの金融事故を起こすと信用情報機関に名前を登録されます。これを俗に「ブラックリストに載る」と言います。

ブラックリストに載ると、一生借り入れができないかと言うと、どんなことはありません。

自己破産なら10年以内
個人再生も10年以内
任意整理なら5年間
支払期限から3か月支払いが遅れた場合も5年間


がブラックリストに載る期間です。


基本、この期間はお金を借りることができないと考えましょう。
間違っても「ブラックOK」などというヤミ金に引っかかってはいけません。債務整理専門の法律事務所も闇金には対応していないからです。すでに闇金から借りていて困っている方は、すぐに警察に相談しましょう。



借金漬けの生活をしている方に、借金できない生活と言うのは不可能としか思えないかもしれません。私もそうでした。そんな私も任意整理すると同時に、弁護士の先生の前で全てのカードのはさみを入れて、現金だけの生活に入りました。まるで暗闇を一人で歩くような心細さでしたが、1か月もすると全く平気で過ごせている自分に驚きました。
「借金が前提の生活は、何かが狂っている」という弁護士の先生の言葉の意味が、その時にやっと理解できたのです。
 

任意整理でクレジットカードとローンはどうなる?


【すでに持っているクレジットカードは任意整理でどうなる?】

任意整理後も、もしもの時のためにクレジットカードを残したいから、任意整理しないクレジットカードを残すというケースもあるでしょう。しかし残念ながら、任意整理した時点でブラックリストに登録されていますから、カード会社やローン会社が与信の確認をした時点、もしくは更新した時点で、カードは使えなくなります。解約されると解約通知が送られてきます。



【任意整理から5年経ったのにクレジットカードの審査に落ちた!】

「任意整理から5年たったので、クレジットカードを作ろうと申し込んだら、審査に落ちた」と言うことが頻繁に起こります。これには理由があります。まず任意整理したという信用情報は、債権者(カード会社や貸金業者)との合意がなされて初めて、いわゆるブラックリストに名前が登録されます。また債権者によっては任意整理の返済が完了してから5年間は信用情報に名前が載り続ける会社もあります。この場合、任意整理で元金を5年かけて返済すると、任意整理を始めてから10年経たないとクレジットカードを作れないということになります。

それと、クレジットカードはもちろん、債務整理した貸金業者やカード会社には、あなたの債務整理が金融事故として残り続けるので、債務整理をした業者からの借入はできないと考えたほうがいいでしょう。



【任意整理って整理したい借金を選べるの?】

任意整理のメリットの一つに「任意整理したい借金を選ぶことができる」があります。

「A社の借金は任意整理したいけど、B社の借金は連帯保証人に迷惑がかけられないから、何があっても返済する」というように選ぶことができるのです。また人によっては「キャッシングで作った借金は任意整理するけど、家のローンは払い続ける」という場合もあるでしょう。これを自分で選べるのが任意整理の良い点です。


【任意整理と住宅ローン】

任意整理をしても、住宅ローンは整理の対象にはなりません。そのため任意整理しても住宅ローンや家には影響なく生活できます。問題は住宅ローン以外の借金が任意整理で減額されたとしても、住宅ローンと合計した場合、あなたの支払い能力を超えているか、いないかが問題です。この場合住宅ローンを組んでいる銀行などに相談し、返済期間の延長や一時的な返済免除の相談をすることになりますが、これについては債務整理に強い弁護士に相談することをおすすめします。





【カーローンと任意整理】

現在載っている車のローンがまだ残っている場合、任意整理するとどうなるでしょうか?任意整理は、整理する借金を選べるので、車のローンを整理しなければ(今まで通り返済を続ければ)車は残せます。
もし、車のローンも整理した場合、ローン中の車の所有権はディーラーかローン会社(銀行)なので、車は担保として引き上げられ(没収され)てしまいます。



現在支払っているカーローンのことは分かった。じゃあ、これから車を買う場合、ローンは組めるの?
残念ながら任意整理に限らず、債務整理をした人は信用情報に金融事故として記載されるので、カーローンは組めません。そのため任意整理後に車を購入する場合は、現金での一括購入か、家族名義でローンを組まないと車は買えないと考えてください。
 

任意整理の費用と、任意整理を迷うあなたへ


【任意整理費用の相場っていくらくらい?】

債務整理に限らず、弁護士の費用には相場がありません。では債務整理を弁護士に依頼する場合、費用を安くするにはどうすればいいのでしょう?これは債務整理を得意とする弁護士、債務整理を専門に扱う弁護士に依頼するのが費用的にも時間的にもベストな選択です。



債務整理に強い法律事務所の任意整理費用の大体の相場は、以下の通りです。

相談 :無料

着手金 :債権者1社につき20,000~40,000円×借入れ件数

成功報酬:債権者1社につき20,000~40,000円×借入れ件数

減額報酬:減額した額の10%前後

過払い請求成功報酬:返還額の20%前後

事務手数料:30,000円前後


が平均的です。

しかし、あなたの借り入れ状況やご希望もあると思いますので、費用に関しては弁護士に相談する段階で聞いておきましょう。



【任意整理するかどうかを迷うあなたへ】

私はまだ完済していませんが、おそらくあと半年で完済できる予定です。完済した後も、借金はしないで生きて行こうと思っています。年間300万から500万人が任意整理していると言われていますが、意外にこのような体験談を見かけません。なので私は時間があるときに、このようなサイトを作っています。



一人でも多くの方が、借金の取り立てや督促に怯え、家族や会社に借金がバレることを恐れ、返済できない言い訳や、審査に落ちてへこんだり、給料日前には返済のことで頭がいっぱいで食事もノドを通らず、朝まで眠れない生活を終わらせることができればと思っています。
そんな人生を過ごすために、あなたは生まれてきのではないはずだからです。




任意整理することで、あなたの借金は合法的に減額されますが、私にとってはもっと重要なことが身につきました。「強制的に高い利息で借金できない生活」を一定期間送ることで、借金しない生活というものを身につけることができたのです。

借金云々の前に、私は生き方を間違っていました。任意整理についてはこのサイトでしっかり語れたと思うので、ここからはあなたのご判断になりますが、あなたが1秒も早く、ご自分の人生を生きていただけるよう、心からお祈り申し上げます。

>>>サンク総合法律事務所<<<